クレジットカード

MENU

【ポイント毎月自動口座キャッシュバック 投資クレカ】 

エンドユーザーに1番近いクレカ 「3通力-ド」

3通力-ド

クレジットカードは発行会社によって系列に分かれています。

 

その中で、最近、雑誌などで新たな指針として提案されているのが、「3通力-ド」です。

 

3通力-ドの3通は、「交通系」、「流通系」、「通信系(ネットを介した流通も含む)」の3業種の「通」から取り入られているクレジットカードです。

 

3通力-ド」は、暮らしに密着したクレカです。

 

「3通」のクレジットカードを、日々、コツコツと使い続けるほうが、結局は得ができるという考え方です。

 

「3通力-ド」はこんなクレカ!

流通系

百貨店

  • 百貨店や家電量販店、スーパー、コンビニなどが発行するカード。
  • 発行元のお店で買い物をすると、大きな特典や割引がある。
  • 食料、日用品から耐久消費財まで、毎日の暮らしに密着した店舗で利用でオトク

流通系クレカ


交通系

交通系カード

  • 鉄道や航空、クルマ関連のカード。
  • 通勤や出張、旅行、チョットしたお出かけなどに役立つ。
  • 流通系カードとの提携して1枚で何役も兼ねる、便利なカードも多く、発行されている。

交通系クレカ


通信・ネット系

通信・ネット系

  • 大手通信キャリアが発行するクレカがベース。
  • 毎月の通信費でお得にポイントが貯まる、加えて、スマホと相性のいいネットショップが提供するクレカもフォロー。

通信・ネット系クレカ

高還元率カードのビジネスモデルの破綻から生まれた 「3通力-ド」

クレジットカード ポイント

3通力-ドの考え方が生まれた背景には、従来のクレカ業界のビジネスモデルである高還元率カードは、高還元率の原資負担に耐えられなくなって、ビジネスモデルとして成り立たなくなったことにあります。

 

その為、以前は還元率のランキングを見れば、一目でどれがお得なクレジットカードかがわかりましたが、どの力-ドもほば同じ還元率(1%程度)になってしまいました。

 

つまり、還元率を基準にした力-ド選びができなくなったのです。

 

そこで、還元率に代えて、

  1. 付帯保険」を新しい基準にする(海外旅行傷害保険やショッピング保険を特別視する)
  2. 総合点」で評価する(年会費やポイントなどスベックごとに点数をつけて比較)
  3. ゴールドカード」を新しい基準にする。

などの案が出ています。

 

しかし、その考え方もお得なクレカ購入の物差しには成り得ません。

 

その理由は、クレジットカードのユーザーの住んでいるエリアや環境、利用しているスマホやケータイ、よく利用するお店、趣味や興味などは人によって様々だからです。

クレジットカードの日

ある人にとってはたくさんポイントが貯まってお得な力ードでも別の人にとっては全く使えないということもあります。

 

そこで、「3通力-ド」です。

 

交通系」、「流通系」、「通信・ネット系」で「3通力-ド」の特徴は2点あります。


1点は、3通力-ドは身近で利用機会が多いためポイントの貯まりも早く、ポイント利用も簡単なこと。

そのクレジットカードの例。

2点目は、3通力-ドの発行会社は、いずれも厳しい消費者の目にさらされ、熾烈な力-ドサービス競争を繰り広げていることです。

 

このことによりカード利用者は、様々な特典を得ることができます。

 

当サイトでは、「3通力-ド」のクレジットカードの紹介と特徴を伝えていきたいと思います。

投信をクレジットカードで購入でポイント還元って!?

免責事項

※お申し込みをされる際は、各クレジットカード会社のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。
※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。
※また、著作権は放棄しておりません。
更新履歴